This store requires javascript to be enabled for some features to work correctly.

COLUMN

30代40代の眉メイクのポイントは?「素敵」を叶える描き方を紹介

BEAUTY COLUMN

twitter instagram line

30代40代の眉メイクのポイントは?
「素敵」を叶える描き方を紹介

眉は顔の印象を左右する重要なパーツ。ですが、「眉の描き方が難しい」「どうやって描いたらいいかわからない」という人も多いでしょう。

実は眉は、ポイントを押さえることで簡単に描くことができます。また、30代40代の女性が、普段の眉メイクを見直して少し変えるだけで、もっと若々しくて素敵な印象になれますよ。

そこで今回は、30代40代の眉メイクの方法について紹介します。あか抜けた眉になりたい方は、ぜひご参考にしてくださいね。

眉の太さや形、色を少し変えるだけで、見た目の印象が大きく変わります。そのため、「もっときれいになりたい」と思ったときは、スキンケアだけでなく眉メイクを見直すことも重要。

 

30代や40代の女性には、10代〜20代の頃から眉の描き方を変えていない女性が多くいます。たしかに昔流行った眉メイクも素敵ですが、『今っぽさ』を取り入れるだけで、よりおしゃれであか抜けた印象になりますよ。

 

また、眉メイクを見直して少し変えることで、若々しい目元に近づくことも可能です。マスクを日常で使う現代だからこそ、眉メイクに力を入れて今までよりもっと素敵になりましょう。

眉メイクをする際は次のアイテムを使用すると、立体感とツヤ感のあるきれいな眉が完成します。  スクリューブラシ  アイブロウペンシル  アイブロウパウダー  アイブロウマスカラ スクリューブラシは、細かい毛がらせん状に付いているブラシで、毛並みを整えるときに使用します。

 

アイブロウペンシルは、自分の眉毛の色と近いものを選ぶと、色がなじんで自然な仕上がりになります。眉の色が濃い人は、グレイッシュブラウンやダークブラウン、グレー系がおすすめです。 アイブロウパウダーとアイブロウマスカラは、髪の色と似ているカラーを選ぶと眉が浮きません。また、自分の髪の毛より少しだけ明るいものを選ぶと、あか抜けた印象になりますよ。

 

より若々しくおしゃれに見せたい人は、ピンクのアイブロウアイテムを取り入れましょう。実はピンクのアイブロウアイテムは、30代40代の女性でも似合います。眉メイクの仕上げに、ピンクをほんの少しだけ足すことで、より優しい印象で今っぽくなります。

眉を描くときは、太さや角度などバランスを意識して描くときれいに見えます。特に、眉頭・眉山・眉尻は次のポイントを抑えて描きましょう。

・眉頭は目頭の真上(延長線上)にする

・眉山は黒めの外側から目尻までの間(眉頭から約2/3の位置)

・眉尻は目尻と口角の延長線上で、眉頭の下側より少し上の位置

・眉尻の角度は目尻の角度と合わせる

・眉の太さは、黒目の縦幅の約2/3程度

 

このようなバランスで眉を描くことで、自分の顔立ちに合った「今どき眉」が完成します。無理に細くしたりカットしたりせずに、自分の眉毛の太さや毛並みを活かして、魅力的でナチュラルなふんわり眉に仕上げましょう。 また、眉メイクをするときは、大きな鏡で顔全体を見ながら描くと、両方の眉の高さや角度を上手く合わせられますよ。

眉を描く前に、まずスクリューブラシを使って眉を整えましょう。スクリューブラシを持ち、下から上に向かって動かして眉をとかすと、毛並みと形がきれいに整います。 実際に眉を描く前に、スクリューブラシで眉を整えることで、眉の濃い部分や薄い部分がわかるので描きやすくなります。

アイブロウペンシルを使って、まず眉のアウトラインを描きましょう。予めアウトラインを描くことによって、はみ出したりせずにバランスの良い眉に仕上げることができます。また、ぼんやりした眉ではなく、キリッとした印象の眉になります。アウトラインを描くときは、眉頭の部分を数mm程度あけて描くことで、抜け感がでます。

 

アウトラインを描いたら、眉を一本一本書き足すように埋めていきましょう。描くときは、毛並みに沿って描くと自然な眉に見えます。 眉尻は、先が細くなるように描きましょう。アイブロウペンシルで眉尻を丁寧に描くことで、上品な雰囲気になります。描いている途中で、アウトラインから色がはみ出てしまった場合は、指か綿棒を使って直しましょう。

アイブロウペンシルで描いた後に、アイブロウパウダーを重ねます。アイブロウパウダーを足すことで、よりふんわりとした美眉に仕上がります。 複数の色が入っているアイブロウパウダーを使う場合は、予め手の甲で色を混ぜて自分の髪色に近くなるように調節しましょう。

 

アイブロウパウダーは、一番初めに置いた部分が濃くなりがちです。そのため、ナチュラルな眉を描くには、まず眉の中央部分から色をのせていくことが大切。

アイブロウパウダーで描くときは、ブラシを小刻みに動かしながら色をのせると、ムラなくきれいに仕上がります。

眉尻にアイブロウパウダーを重ねるときは、ブラシを立てると細部まで描きやすいです。はみ出してしまった部分は、指や綿棒で優しくふきましょう。

眉頭は、ブラシに残っているパウダーを使うと、より自然で立体感のある眉になります。

アイブロウパウダーを足した後は、スクリューブラシを使ってぼかします。眉尻をぼかしすぎると、色が消えてしまうことがあるので注意しましょう。

最後にアイブロウマスカラを重ねて、ツヤ感と立体感のあるあか抜けた印象の眉にしましょう。 まず、アイブロウマスカラを眉に重ねる前に、塗りすぎを防ぐために軽くティッシュオフをします。

 

その後に、眉の毛の流れに逆らって塗っていきます。次に、眉の毛の流れに沿って塗りましょう。少量ずつ眉にのせていくと、ペタッとせずにきれいに仕上がります。 最後に、スクリューブラシで優しく毛並みを整えたら完成です。

眉毛の長さは、すっぴんの状態ではなく眉メイクを完成させた後に、眉毛用のハサミでカットして調節しましょう。眉メイクの後に眉毛をカットすることで、切りすぎを防ぐことができます。眉毛はスクリューブラシでとかして、眉のラインからはみ出た部分だけをカットしましょう。眉を長めに残したほうが今っぽく上品な印象になります。

30代40代の女性が眉メイクをするときは、眉が細くなりすぎないように意識して仕上げると、老けた印象になりません。眉の太さを黒目の約2/3程度にすることで、今っぽくなり若々しく見せることが叶います。

眉尻の位置が低すぎると、頬や目尻まで下がって見えてしまい、ぼやけた印象になってしまいます。眉尻の高さは、眉頭の下の部分より少し上の位置にすると、より若々しく見えます。 また、眉山から眉尻までの間は、やわらかいカーブを意識して描きましょう。眉尻の端を丁寧に整えることで、上品で素敵な大人の眉が完成します。

眉を上手に描くだけで、よりあか抜けた印象になれます。どんなにベースメイクやアイメイクに力を入れていても、眉が残念だと老けて見える原因になることも。

 

現在は外出時にマスクを付けるからこそ、今どきっぽさを取り入れたきれいな眉に仕上げることで、若見えも叶います。ぜひお気に入りのアイブロウアイテムを使って、眉メイクを楽しんでくださいね。

LINEで登録
LINEでお友だち登録
ニュースレターに登録

SHARE

instagram twitter line